まずは5万円を借りた…FXの証拠金をキャッシングで賄った結果とは?

東京都在住の会社員で、20代の男性になります。

私が借金をしたそもそもの動機は、現在の低すぎる収入をどうにかしたいと考えていたからです。

大学卒業後に地方から上京し、営業職として働くようになったのですが、数年働いているにも関わらずまったく収入が上がらず、このままずっと今の収入のままなのだろうかと漠然と将来に対して不安を抱いていました。

そのようなときにインターネットでわずか数時間で資産を何十倍にもしたというFXの専業トレーダーに関する記事を読み、これならば自分にもできると思ったのが借金を作ってしまうそもそものキッカケになります。

当時、社会人として働くようになったにも関わらず、まったく成長していない自分への苛立ちと、新しいことに対する好奇心から何の下準備もせずにすぐにFX会社の口座を開設しました。

無料でも口座を開設することができるのですが、FXで取引をするためにはそもそも手元に証拠金が必要になります。

しかし、当時低所得者であった私は毎月の給料をほぼ全て使い果たしていましたので、貯金などまったくなく、そこでキャッシングの申し込みをしました。

今思えば明らかに軽率な行動なのですが、当時はFXで稼いだ利益で返済をすれば良いという根拠のない自信に突き動かされ、限度額を50万円に設定して大手の消費者金融会社からキャッシングをしました。

ただし、最初から50万円借りたわけではなく、まずは5万円ほど借りてからFXを始めました。もっとも、レバレッジを最大にして金融取引をスタートしましたので、たった一夜で2万円ほど大損しました。

当時は円安や円高といった単語は知っていたのですが、それが為替にどのような影響を与えるのかわからず、とりあえず試しに買ってみて、その結果をみていろいろ学べば良いと安易に考えていたのですが、それがこのような予期せぬ大損を招いてしまったのです。

その後は、なぜこれほどの大損が出てしまうのかFXについて勉強をし、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析など、様々な手法をお金を借りながら実践していきました。

そうこうしているうちにいつの間にか借金の額が10万円、20万円、そして限度額の50万円に達してしまい、今の生活に至ります。

幸いなことといえば良いのかわかりませんが、今利用している消費者金融会社はリボ払いでも返済ができますので、毎月少額から返済しているのですが、どうしてこうなる前に止めなかったのだろうと後悔しています。

ただ、一番の原因はやはり、自分の根拠のない軽率な行動にあります。不思議とFXを始めたことについてはそれほど後悔してはおらず、借金を返済したらおそらくもう一度手を出します。

もっとも、そのときは借金をしてではなく、自分で稼いだお金で運用するつもりです。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ