感覚のマヒ!最初はたった10万円の借り入れだったのに、なぜこんなことに…

私は現在20万ほどの借り入れを受けています。

借り入れを受けた理由としては給料が低く、急な飲み会、冠婚葬祭等の急な出費により金銭的につらくなって利用をうけました。

借り入れを受けるに当たりテレビでよくCMをしている会社様を利用させていただきました。

はじめて利用するので利用方法等よく知らない状態でしたが、電話をかけカードをつくり借り入れを受けるという形で利用しました。

最初は、借りる金額は10万円程度にしておこうと決めており、借りる際も本当にいいのか、返せるのだろうか等、お金を借りる前にはさまざまな葛藤がありました。

そして10万円を借りましたが、その後に少しお金がほしいと思った時に1万円をすこしずつかりていくうちに最初思っていた罪悪感、不安というものが徐々に薄れていく自分に気づき恐怖を覚えました。

その理由としてはやはりカードで借りるという事でATMで自分の口座からお金をおろすという感覚と同じような感覚になってしまいい感覚が麻痺してしまう事。このことが原因なのではないのか思います。

そして毎月返済をつづけていくわけですが、やはりきついです。

考えてみればやはり当然の事ですよね。なぜならお金がなくてお金をかりているわけで、入っていくお金と出ていくお金が見合ってないのですから。そんな人間が返済に困るのはやはり当然です。

そしていざ返していくと利息を返すのがやっとでなかなか借入金額が減っていかない事実です。

借入をしているにもかかわらず、こんなことを言うのもおかしいかもしれませんがやはり毎日借金という言葉は頭から離れません。

そして返せなかったらどうしようという不安。毎日が暗くなりました。

こうならないためにどうするべきだったのか、どうあるべきだったのか考えました。

自分の性格上、人に辛いことを言えなかったり困ったことを言えない。なのでお金に困っていても誰かを頼れないということ。

なのでまずは親であったり兄弟であったり、身近な人にまずは相談をするべきではなかったかと思いました。

そして、今はこの借金をという恐怖から早くも抜け出したいので違う就職先を探している状況です。

このような経験からテレビで簡単に借り入れができるというCMを流しており、気軽な感覚で利用してしまう方が多いかもしれません。

返せる当てがあること、決まった収入があってそれに見合う金額を借りること、たぶん返せるだろうという気持ちで利用しないとを頭に入れて利用してほしいと思います。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ