結婚前に激しく後悔!ちょっとだけだから・・・が招いたローン地獄

私は30代の女性で福島県在住です。

私は独身時代にカードによるショッピングにはまり、それをまとめるためにさらに銀行でローンを組むという雪だるま式に借金を増やしてしまった経験があります。

その時の経験をお話しさせていただきたいと思います。

カードショッピングの恐ろしさ

社会人になって働くようになった私は、自分で稼いだお金を自由に使えることを心から楽しみ、仕事でのストレス発散を買い物で行っていました。

また、買い物をしていると様々なお店でお得に使えるカードが存在していることを知ったのもこの時でした。

通常の現金での支払いに比べて、ポイントが高くついたり、キャッシュバックする制度があったりととてもお得で当時の私には魅力的に見えました。

そして、複数のカードを所持するようになったころ私の心にも変化がありました。「カードを使う=便利でお得」なんだ!と。そのように信じて疑わなかった私は、できる限りの支払いをカードで行うようになっていました。

気づいたら支払総額が月収を越えていた

カードの便利さにはまった私は、どんどんその魔力に取りつかれて気づいた時には一か月の支払いが自分の手取りの収入を越えていました。

さすがにこれはまずいと焦ったので、悩んでいると手にしていた明細の中にリボ払いという制度を見つけました。

これまたとても素晴らしい制度で毎月定額だけ返済するというシステムだということがわかり、早速リボ払いの手続きを取りました。

幸いボーナスもいただいていたのでボーナスをうまく使えば何とか支払えるしそれまでの一時しのぎ的な感じで使おう!と考え、その利子の高さなど知る由もなくリボ払いに手を出しました。

ボーナス払いの魅力

大きな買い物をしたいときに、分割にすることもしていました。また、ボーナス払いというのも知り、ボーナスを使えば欲しいものが待たずに購入できるということでさらに物欲に拍車がかかりました。

このころ私が購入していたものというとメインは洋服でした。

20代前半だったこともあり、そのほかにはダイエット器具や食品、エステなどもありました。

特にダイエット関係は高額なものが多かったのでボーナス払いを利用することが多かったのです。

気づいたころには、ボーナスをもらう頃にはすでに支払いで支払金額が全額予定でうまっていることもありました。

結婚とともに気づかされた借金の大きさ

私が購入していたものは数千円~10万円以内程度のものでした。

ですから、ローンといっても大きいものだとは感じていなかったし自分が借金していることすら認識していませんでした。

しかし、そんな時に私に転機が訪れました。結婚です。

結婚をすると二人の給料を合算させて生活していく人が多いため、ある程度借金などの状態も相手に伝えなければなりません。

その時月数万円の返済をしなければならなかった私は焦りました。

そこで4社から借り入れしていたカードローンをひとまとめにするということで銀行に行き、ローンを組みました。

そこで、なぜローンを組んだのかなど色々詳しく聞かれているうちに私は自分の陥っていた状態に初めて気づき恥ずかしくなりました。

私はただ買い物をしてカードを使っているだけという感覚でしたが、その当時の私はカードの使い過ぎで支払いに首が回らなくなった人ということ。

また、消費者金融から借金している人ばかりがなんとなく悪く見えていましたが私も何ら変わりなかったということ。

カードローンは本当に手軽で便利です。でも、きちんと管理できない人が使用することは実はとても怖いことだと思います。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ