気がついたら自分にはどうにもできないくらいに借金がありました…

30代女性、愛知県在住です。

はずかしながら、私の借金体験談をお話します。

<クレジットカードを作る>

最初のきっかけは、就職して約半年後にクレジットカードを作ったことです。

デパートでおこなっていたクレジットカードの加入キャンペーンの特典に惹かれて、思い切って作ってみました。

クレジットカードって、現金がなくても買い物できるので、すっごく便利ですよね。

しかも、使ったら使った分だけポイントがもらえるので、かなりお得です。

クレジットカードって便利だなと思い、某コンビニ店やガソリンスタンドなどで使えるクレジットカードを次に作りました。

さらに、ネットショッピング用のクレジットカードも、かなりお得感があったので作りました。

こうして、最初にクレジットカードを使うようになってから1年の間に3枚のカードを所有するようになりました。

<分割払いで気が大きくなる>

最初のうちは、1回払いだけを選択していました。

その方が、きちんとお金の管理ができるかなと思って。

しかし、友人に誘われてエステに通うようになったんです。

最初は、永久脱毛だけしかするつもりがなかったのですが、ついつい誘われるがままにフェイシャルエステ、スリミングも契約しました。

とても高額なエステの支払いも、分割払いを利用するとそれほど高い気がしないんですよね。

これがきっかけで、高額なものは分割払いで買うようになってしまいました。

ブランドバック、家具、趣味の旅行代金、数万円以上の支払いのあるものは、とにかく分割払いで購入します。

こうして、自分でも気が付かないうちに、分割払いでの買い物が増えていきました。

と同時に、クレジットカードの分割払いを利用しすぎて謝金がどんどん膨らんでしまいました。

<気がついたら返済できない金額に膨れていました>

大学を卒業して4年が経ち、私も26歳になりました。

この頃になると、いろいろなものを分割払いで買いすぎて、毎月の返済がすごく大変になってきてしまいました。

もらった給料は、カードの支払いで消えて現金は手元にほとんどないので、コンビニでおにぎり1個買うだけでもカードを使います。

この頃になって、ちょっとまずいかなとは思ったのですが、とりあえず物を購入できなくて困ったということはありません。

ほとんどの所でクレジットカードで支払いができるので、手元に現金がなくてもなんとかなるもんです。

友人達と飲みに出かけても、私がカード払いして皆から現金を集め、その現金で別の飲み会に参加しということも繰り返していました。

こうしているうちに、ついに自分の給料より毎月の返済額が上回ってしまいました。

最初は、学生の時にアルバイトして貯めた貯金があったので、それを借金返済にあてていました。

しかし、貯金も底をつき、自分ではどうしようもできないくらいに返済金額が増えてしまいました。

このまま消費者金融に手を出すのは絶対にまずいと思い、両親に相談することにしました。

<小遣い帳と返済計画帳を作って地道に節約>

両親も、私の派手なお金の使い方には心配していて、度々注意はされていました。

なので、借金のことを話した時にも、やっぱりそういうことになっているのかと感じているようでした。

もちろん、ものすごく叱られました。

けれど、1度だけの約束で、借金を建て替えてくれることになったのです。

ただし、そのお金はくれるものではなくて、両親からの借金という形になります。

そして、お金を貸してくれる条件は、小遣い帳と借金の返済計画を両親に見せること。

両親への借金返済が完了するまで、毎月小遣い帳と通帳を見せること。

クレジットカードは全て解約すること。

ブランドバッグなどは、質に売りにいき、当時友人と約束していた海外旅行や国内旅行は全てキャンセルする事。

友人達に、約束していた旅行をキャンセルするのは、ものすごく言いづらいことでした。

でも、恥ずかしくても借金で首がまわらないことを素直に話して、平謝りして、なんとか取りやめることができました。

そして、両親が借金を返済してくれて、私の質素な生活。

昼食は弁当持参で、飲み物も水筒に入れて持ち歩きます。

飲み会への参加は月2回まで。

彼氏とのデートは公園や家でのんびり過ごす。

こうして、徹底的に節約を頑張り、2年かけて両親への借金を返済できました。

クレジットカードって、お金を支払った感じがあまりないので、ついつい使いすぎてしまうんですよね。

なので、自分できちんとお金の管理ができない人には、あまりお勧めできません。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ