元本が減らない…、楽観的すぎて借金の悲惨さに眼をつぶった男

30代 男性 東京都在住

【借りたきっかけ】

私が10代の頃、初めてクレジットカードを作りました。きっかけは海外旅行に行く為に保険として作成しました。審査の基準が甘かったのか、学生身分でもキャッシング枠が設けられました。

最初は使う気もありませんでしが、アルバイト代が無くなり、給料日までのつなぎとして軽い気持ちでお金を借りました。少額なのですぐに返せば良いという程度の考えでした。

【借金が増えて行く過程】

初回に借りて以降、返済日になり手持ちが無いと借金を借金で返済する事が増えてきました。

更に若かったせいか、いざとなったら集中して働けばすぐに返せるという考えを持つようになりました。

そんな中、いつでも使える貯金があるような錯覚に陥り、自分の能力以上に飲んだり、遊んだりを繰り返し、気づけば限度額を超えていました。とりあえず返済する為に今度は消費者金融に駆け込みました。

当時は審査も特になく、身分証明書さえ持っていればその場でカードが発行され、限度額も高額でした。

さらに返済は一括では無く借りた額に応じて設定されるリボ払いでした。

ここから更に負の連鎖が始まります。返済の負担が軽くなったように思え、安心感を得てしまいました。

しかし返済しても利息分の割合いが大きく、一向に元本が減っていません。

その事には目もくれず、結局借りる事ばかりを繰り返していました。根拠のない返済計画を頭の中に勝手に作り、まだ大丈夫と暗示をかけては借金を繰り返す状態でした。

【完済へ向けて気持ちを入れ替える】

借金が存分に膨らんだ状態で、社会人となりました。初任給は安く、上司からの飲みのお誘いを断る訳にも行かず、お金は出ていく一方でした。貯金もできず返済しても借金が減りません。

こんな生活では結局破たんすると思いました。そこで自分の現状と向き合い、しっかり返済していく事を決めました。まず考えたのが利息の高いものから集中して返済していこうと決意めました。

周りからの飲みのお誘いは嫌われてもしょうが無いと思い、仕事が忙しいという理由から断る続けました。

何とか1ヶ月乗り切り、余ったお金は月の返済額に上乗せしました。

また当時は幸運な事に多少なりともボーナスが出てましたので、全て返済にあてました。

徐々に減ってくると返す気持ちに加速がつき、節約も継続して行う事ができました。

そのお蔭で何とか2年で完済する事ができました。総額はご想像にお任せ致しますが、限度額に制限がないに等しい時でしたので、かなり苦しかったですし、楽しめたはずの時間も犠牲にしました。

【振り返って思うこと】

がんばって若い頃に完済しておいて良かったと思います。今も続いていたらと思うとゾっとしますし、大人になればなるほど周りにも相談できず苦しんでいた事と思います。

お金に対する知識が無く借りる事の怖さを身を持って体験しました。

利息とはどういうものか、本当に自分に返済能力があるのか、正確に判断する事の重要性を知りました。

おかげで勉強になった点もありますし、私に限って言えば楽観的すぎる考え方を少し改めました。

無理な事はせず、冷静に現状を把握し修正して行く能力は本当に大切だと思います。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ