父の借金のせいで10年の黄金時代が、消えた…

私は、今30代の女性です。

・始まりは、軽い気持ちから

20代の頃、東京に住んでいました。

借金が始まったのは、20代の始めに大学に入学してからです。

晴れて大学生になれた浮かれた気持ちから、マルイカードを作りました。

買い物をしていたので軽い気持ちで最初は作ったのですが、バイトをしていなかったので生活費のためにキャッシングをしました。

限度額の10万円にすぐになってしまい、系列のエポスカードを作りました。エポスカードは限度額が20万円だったので、こちらも生活費や交際費に当てていました。

マルイカードもエポスカードもリボ払いにして、夏休みからバイトも始めたので、そのうち返せるだろうと思っていました。

・本格的に借金をする

大学2年生になった時に、父親の会社が倒産しました。

それまで、大学の学費を出してもらっていたのですが、それができなくなり奨学金を申請しました。

美大に入っていたので、普通の大学よりも学費が高く奨学金だけでは足りないということで、銀行の学費ローンも借りました。

奨学金が360万円、学費ローンが400万円くらいでした。

両親が職を求めて上京してきたので、家族で住める広い部屋に引越し、家賃を半分払うことになりました。

毎月奨学金が10万円入るのですが、大半が家賃と学費ローンの返済に無くなりました。バイトもしていましたが、学業に響かない程度だったので月に5~6万円程度とあまり稼ぐことはできませんでした。

大学3年生の時に友達に誘われて、平日夕方の工場のバイトを4ヶ月くらいしましたが、体が疲れきって大学にあまり行かなくなってしまいました。

お金は少し入りましたが、学業に支障が出たので、すぐ辞めてしまいました。

それでも、週末だけのバイトは続けていましたが、大学4年生の秋に最後の学費が払えなくなり、さらに新しく銀行の学費ローンを80万円くらい借りるはめになりました。

それでも何とか卒業だけはできました。

・ひたすら働く日々

3月の大学卒業式の前から、昼間8時間勤務の会社で働き始めました。

周りの友達が卒業旅行の話をしているのを横目に、私はそれどころではありませんでした。

昼間勤務と言っても、正社員ではなくバイトだったので給料は低く、稼いだお金から家賃と奨学金の返済、学費ローンの返済を除くとほとんど残りませんでした。

それでも毎月地道に返済を続け、卒業後2年経った頃には、マルイカードとエポスカードを完済しました。

それでも奨学金と学費ローンの返済が気が遠くなる多ささだったので、昼のバイトが終わったあとに2時間の別のバイトを始めました。

月曜~金曜日まで昼間8時間働いたあとに、もう2時間働いて体がきつかったですが、少しづつ貯金が貯まるようになってきました。

毎月のお小遣いを3万円と決めていたので、残りを全部貯金していました。

そしてまとまった金額になると、奨学金の繰り上げ返済をしました。

大学卒業から5年後、31歳の時に親の会社の借金返済が終わりました。

その後は、父に借金返済の援助をしてもらいました。

それでも、生活は変えずそれまで通りに2つのバイトをしながら貯金をして、繰り上げ返済をして、2年後33歳の時に全ての借金を完済しました。

初めて借金をしてから、約10年経っていました。

20代という、若くて一番色んなことがしたい時期にひたすら働くことになったのは、とても残念なことでした。

でも、無事に最後まで逃げ出さずに返せたことが、今は私の支えになっています。

20代の初めは軽い気持ちで借金をして、お金の管理の仕方が甘かったと思います。

それが今では、節約が身についてお金に惑わされることが無くなりました。

父の会社が倒産した時は、なんで私がそんな借金を背負わなくてはならないのかと怒りが湧いていましたが、今では親に感謝しています。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ