初めての借金がきっかけで大変な思いをしました

埼玉県在住の20代女です。

「借金のきっかけ」

私が初めて借金をしたのは成人してすぐの20歳の時の事です。

両親が貧しい生活を送っていた為、親からお金を借りるという選択肢がなかったため、自動車免許取得をする予定でローンを組んだのがきっかけです。

当時実家を出て一人暮らしをしていましたが、給料も少なく生活をしていくのがやっとでした。

しかし田舎住みの為、車なしでの移動はとても困難だったので初めてローンに手を出したのです。その時の借入総額は約30万円で、保証人が不要の銀行系のローンからの借入でした。

「元金を戻す事が出来ない」

免許も無事取得し、ローンも地道にコツコツと返済をしていました。

しかし元金完済までは思ったよりも時間がかかり、尚且つ免許取得以外にも自動車の購入等で生活が余計に圧迫されてしまい、せっかく返済していたお金も元金が戻るとまた引き出してしまうようになってしまったのです。

ATMで返済をしては、またすぐに引き出すの繰り返しだったので、元金は一向に戻す事が出来なかったのです。

「足りなくなって…更なる借金を」

そもそも安月給で一人暮らし、頼る宛もないという状況でローンを組んでしまった事や自動車と言う初期費用も維持費もかかる贅沢品に手を出してしまった事が間違いだったのだと思います。

最初のローンの元金も全く減っていない状況の中で、当時若さ故の欲でいっぱいだった私は出費ばかりが多かったのです。

あれも必要、これも欲しい…友人との付き合いや見栄もありました。

お金が足りなくなってしまった時に思い浮かんだのはクレジットカードの存在でした。

クレジットカードさえあれば生活に困る事はないだろう!そんな甘い考えでクレジットカードを作成し、100万円のショッピング枠がありました。

「借金も自分のお金」

クレジットカードを作ってまず驚いた事は、リボ払いの存在でした。借りた金額を一括で返すわけでもなく、分割で返すわけでもなく、5000円や10000円を毎月返済すれば10万円の物を買っても大丈夫という仕組みに喜びすら感じていました。

これで使える!そんな思いから支払いはクレジットカードを中心にばんばん使ってしまっていました。今思えば、借金なのにまるで自分がお金持ちになったような気で、キャッシュカードと同等に使っていたのです。

クレジットカードの100万円という大金はあっという間に残高がなくなってしまいました。

「返済が困難な状況に」

最初のローンに合わせて元金が更に減らないクレジットカードのリボ払いがプラスされ、毎月の返済額は多くなってしまいました。

残高もなくなったカード達は私を助けてはくれず、生活をしていくのがやっとどころか、まともな生活も出来ていないレベルまでに堕ちました。

しかしながら私の条件ではこれより借金を増やす事も出来ず、お金を借りられる肉親も友達も1人もいませんでした。

こんな事なら借金なんてしなければ良かったと何度思ったか分かりません。

結局私は友人に水商売の仕事を紹介してもらい、昼の仕事と掛け持ちで死ぬ気で働き借金を返済していきました。

体調も壊し、昼の仕事に影響もかなりありましたが、両親が一度破産経験があったのでなんとか借金は返さなければという思いでなんとか乗り切りました。

時間はかなりかかりましたが、無事に完済し、その後は借金はしないように地味な生活を送っています。もう二度とあんな苦労はしたくないです。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ