クレジットカードでキャッシング、27歳まで奴隷のように働き返済するはめに

20代 女性 三重県

私は成人した頃、初めてクレジットカードを作りました。

大好きなキャラクターがカードになっていて、殆どそれが目的で作りました。

20歳の時は、遊びに仕事に大忙しだった私。銀行にお金を下しに行くのが面倒になり、カードで支払うようになりました。

それが長い長い道のりの始まりだったのです。

銀行から引き落とされるからいいやと、日常的にカードで決済しました。

コンビニも、ガソリンスタンドも、洋服も…。

カードの上限額は30万でしたが、気が付けば数か月で満額になっていました。

なぜ気が付かなかったか、それは一番初めにリボ払いで申し込んでいたせいでした。

そこから私はリボの金額を上げ、なるべく多く返そうとしますが、五千円増やしたところでただの利子程度にしかなりません。

カードを使わない様にしながらカードの返済をして、生活費も払う…。

勿論社会人になったばかりの私の給料でやっていけるはずもなく、もう一枚カードを作りました。

給料日前で現金が無い時だけ使うようにしていました。しかし結果は、もちろん支払うものが増えます。

返済にお金が回らなくなり、クレジットカードでキャッシングをし始めるようになりました。

その繰り返しで、最終的にクレジットカード五枚を所持し、そのうち三枚が満額まで達しました。

22歳の時でした。私は当時同棲し始めた彼の協力で、生活費の分のお金をすべて返済に回せるようになりました。

残り二枚のカードは満額では無かったものの、多少残っていたので、支払いが完了次第解約しました。

同時に五枚のカードの支払いをしている時は、さすがにそれぞれ一万円から二万円位の支払額に設定するしかなく、利子の高さのせいで返済が進まず、終わりが見えない状態でした。

ただ根気よく、無心で返し続けました。

二年くらい経つと、返済が終わるカードも出てくるようになりました。

ひとつ終われば、解約と残ったカードの支払額を上げる事ができ、少しでもゴールに向かって進みやすくなります。

そうして無心で返しつづけ、27歳の時ようやくすべての返済が終わりました。

使うのは一瞬でしたが、返すのには六年も七年もかかったのです。

今は、手元に残したクレジットカードは一枚だけ。本当に緊急時の為のカードです。

支払方法はもちろん、一括払いに設定しました。

あの火の車の日々が終わり、ようやく貯金や旅行などの計画が立てられるようになった今、若い時代に貯金や旅行ができていたらと、取り戻せない時間がショックでなりません。

自業自得とはいえ、社会人としての初めての責任を取り終わるまでに、こんなに時間がかかるとは思ってもみませんでした。

同じ過ちを犯さぬように、しっかりとお金と相談しながら生きていこうと思います。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ