消費者金融に頼るよりは銀行カードローンの方がまし

私は三十代の男性で神奈川県に居住しています。私が銀行カードローンでお金を借りた経験談についてお話します。

・銀行カードローンを利用した理由

銀行カードローンと消費者金融のキャッシングローンが一般人がお金を借りる手段としてもっとも一般的なものだと思います。

もちろん親戚や友人に借りるという選択もあるのでしょうが、その後の人間関係に大きく問題を与えかねませんのでよほどのことがない限り私はやりたくありませんでした。

そのなかでも銀行カードローンは非常に審査が厳しい代わりに限度額も大きく、金利も低いので利用価値があると思いました。

消費者金融は審査がわりと甘い代わりに金利などが高くて利用しづらいなと感じていたのです。

・銀行カードローンの申し込みについて

銀行カードローンの申し込み方法はほかの金融機関から借り入れするのと同じだと思います。

インターネット上から必要事項を入力していくと審査をしてくれます。審査結果をメールか電話で受けた後に、必要書類を送り届けると契約完了、そこからは直接私の口座に振り込んでもらうか、店舗などに出向く・もしくは郵送してもらうことでローンカードを作り、それでATMから借り入れをするというものでした。

私の場合、正社員だったので特に審査には何も問題がありませんでしたが、学生だったりフリーター、専業主婦が利用する場合は専用のローンが設けられているのでそちらを利用するとよいでしょう。

・返済のつらさについて

審査や借り入れまでは非常にスムーズに行えましたが、問題は返済でした。私の場合は合計で結局50万円まで借り入れをしたのですが、それから返済はひたすら耐え忍んで普段の生活費を削って捻出するしかありませんでした。

それでも金利が比較的低めに設定されていたので楽だったのでしょう。上限金利だったらと考えると背筋が寒くなります。

毎回きっちり返済日を守って返したので問題なかったですが、怖いのは返済日に遅れたら督促があるのではということです。

もちろん督促自体は実家・会社などにもかかってくることがありますが、本人に危害を加えるようなものはさすがにないようです。

家族にばれたくないという人はなんとしてでも返済日は守りましょう。

どうしても守れないという場合は放置するのではなく銀行に連絡して返済日の後ろ倒しや金額の減免をお願いすると応じてくれる場合もあるようですので、そちらの利用を考えてみたほうがよいでしょう。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ