借金も財産のうち、借金がエネルギー、妻の重荷にならないで死にたい

私は青森県出身の50代男性です。

私は今現在、住宅ローン600万円、下請けに繰り越し250万円、税金の滞納250万円、銀行のカードローン150万円、仲間に借金600万円、親戚に借金300万円しています。

合計で2,150万円借金しています。

毎月の返済額は住宅ローンが4万円、下請けに3万円、税金に3万円、カードローンに3万円、仲間に10万円、親戚は待ってもらい月23万円支払っています。

これでも住宅ローンは借り換えし支払い額を下げ、ボーナスもなくし大分楽になりました。

この暮らしを正直、大変とは思っていません。

確実に返済は減っているのです。住宅ローンは残り5年から12年に伸びましたが、下請けも7年、税金も7年、カードローンも5年、仲間も5年で終わるのです。

終わる時がやってくるのです。親戚にはそれからの返済になりますが、待ってもらうよりありません。

気持ちとして無理とか考えてません。

絶対に返せると思っています。話を聞けば私などまだ恵まれている方です。中には本当に凄い人もいます。

そんな人の話も励みになります。自分などまだ益しと思える回りの環境なのです。

思うに借金の金額ではない気がします。

100万円しか借金がない人が幸せかというとそうでもなく、それでも無気力になる人もいます。

どれだけ稼げるかでもありません。周りがこいつは絶対に払うヤツだと思ってくれているのです。

それが単純に嬉しいのです。

そしてその期待に何が何でも、応えたいという力が湧いてくるのです。それが私のエネルギー源です。

そしてこれまで確実に減らしているのです。1年や2年の話じゃありません。だからこそ腹をくくって生きられるのです。

老後も考え貯金もしないと、いけないと思っています。

でもこのような状況ですから、それどころでありません。しかしこれをきっちり全部返したら、どれだけ自信になるでしょう。

その時はあの借金を全部返した男だと、それに比べたらこれからは借金はない、頑張って貯金しようと、また更に強く思えるはずです。

それが私の長所なのです。

そうして妻の分だけの老後資金を貯めて、私は力尽きて死ねたら本望です。

妻に介護させたり寝たきりで苦労掛けたくありません。妻に老後を快適に送ってもらうために私はぽっくり消えるのです。

それが私の夢なのです。

但し一つだけ、もし妻が呆けたり、寝たきりになったらどうしようか思案してます。

それだけが心配の種。どうか元気でいてもらうよりありません。借金なんか屁でもありません。話せば分かる人たちばかりですから。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ