休日手数料無料を利用してキャッシングを複数の会社からしています

30代、男性、東京

借金を初めてしたのは学生の頃でした。

学生の頃は何をするのにもお金がかかりますが、それでいてアルバイトで稼げる額なんて限度がありますから、日々欲求不満でした。

初めて借金をしたきっかけは先輩がしているのを聞いていて好奇心からでした。

借金に対して何も感じなかったわけではありません。

親からは借金はするなと教えられていましたし、学生は奨学金という借金を背負って生活しているわけですからこれ以上の借金は危険だということも知っていました。

ただ、当時は学生でした。

その程度の抑止力では好奇心は抑えきれませんから無人機ATMで3万円借りました。

その時何に使ったのかは定かではありませんが、あっという間に使ったのは覚えています。

それ以来借金というものに対しての恐怖心は薄くなって行きました。

学生の頃の借金はすぐ返しました。

そのまま社会人になっても時々借金をしています。

学生の頃とは違い借金も消費者金融系のキャッシングから銀行系までと幅が出てきて、クレジットカードのキャッシング枠も使って借りたこともあります。

これだけ見境なく借りていると借金額が凄いことになっているイメージがありますが最高でも80万円に届くくらいで済んでいます。
というのも、仕事が上手く言って給料が上がっているからです。

あと、いくら簡単に借りれるからと言っても無制限に借りることはしていません。

複数の会社から借りていますが計算しつつ借りています。

一社で借り過ぎると借り入れ限度額を超えてしまい、それが信用情報として他社に伝わり他社も連鎖的に貸し出しを止めてしまう可能性があります。

お金がない時に借金はしますから万が一の時のためにも一社あたりに限度額を決めて上手に借りています。

友人は「そんな面倒なことをするくらいならば借金なんてしなければ良いのに」と言います。

もちろん正論です。

ですが止められないんです。

手持ちがなくて近くのATMから手軽に引き出せるわけです。

休日であろうが手数料は無料です。

そして考えてみてください。

買い物などは大抵の場合は休日にします。

ATMの手数料を払うくらいならば無料で引き出してさっさと返した方が割安になります。

買い物は好きで毎週のようにしています。

食事などもつき合っている子とよく高い所に行き見栄を張って支払っています。

こんな感じで生活しているので借金が生活習慣病みたいになっています。

計画的に利用するならばこんな魅力的なサービスはありません。

審査時間30分です。

こんな生活がいつ前も続くとは思いませんが、何となく続いています。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ