消費者金融のキャッシング限度額が高額債務の原因でした

20代、男性、埼玉県

「借金なんて返せる額だけ借りればいい」なんて初めは思っていました。

確かに初めの内はそうしていました。

しかし、大学を卒業して正社員として働き、一定数の給与を貰うようになったわけです。

大学の頃は何をするのでもお金がなくて困りました。

欲しい服も、行きたい場所も、飲み会の費用でさえなくて困りました。

社会人の給与といっても20万円くらいです。

しかし、学生の頃の節約生活に慣れていて月10万円未満で生活していた自分にとっては残りの10万円もあれば何でもできました。

だから何でもしました。

欲しいものを買ったり、海外旅行も行きました。新しくできたお店を見つければ実際に行ってみてブログに書き込んだりするのが楽しかったです。

若いとは怖いものです。

都会で働き、誘惑も多いですから、欲しいものは次から次へと出てきました。

その内に毎月の給料では賄いきれなくなりました。

その時キャッシングを利用しました。

消費者金融で借りました。

審査も簡単で、あっという間に利用限度額50万円が借りることが出来ました。

「即日融資」という言葉知っていましたが、実際に体感すると妙な気分になります。

自分のお金ではないのにまるで銀行口座から引き出すような感覚でお金が借りられてしまいました。

そしてこの「利用限度額」もやっかいです。

この利用限度額までならば何度でも借りられますから、少し引き出して、返済して、また引き出しての繰り返しをすると「借金をしている」という感覚はなくなります。

50万円までなら借りられる、つまり10万円借りたとしたら「あと40万円ある」という感覚になってしまいます。

そうしているうちに50万円はあっという間に借りてしまいました。

そしてそのまま2社目、3社目と借り始めてしまいました。

もはや一種の催眠状態です。

とは言っても借金には限界があります。

法律が変わり、総量規制がかかりますから年収の3分の1以上は新たな借り入れができません。

当時の年収は300万円くらいでしたから100万円が限度額です。

3社の借り入れ合計が90万円。

4社目も借りようと審査を受けている時に初めてその総量規制を知りました。

審査結果は5万円でした。

しかし、怖くなって借りられませんでした。

夢から覚めたような感覚に陥り、家で寝ていてもハッと目が覚めるなんてこともしょっちゅうでした。

ただ、怖かったです。

その恐怖から逃げるためには返済するしかありません。

家にあるものを売れるものは全て売り、車も売ってバイクに乗り換えました。

外食も止めて弁当も自分で作りました。慣れないことで初めは苦労しましたが、慣れてしまうとかんたんです。

夏場弁当が腐ったり、雨の日もバイクで通勤したり、好きだった旅行もスポーツ観戦もすべて止め、苦労しながらも返済を続けました。

生活が変わった苦しみよりも怖さが勝っていましたから、何も考えずに返済をしました。

そして3年かかって返済が終わりました。

返済完了の通知書をもらった時、涙が出てきました。嬉しかったです。

今はもう借金はしていません。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ