勝ったら返せば良い?学生ローンの体験談

20代、男性、千葉県在住

借金をした理由について

私は、学生時代に学生ローンを組んでお金を借りました。

借金をした理由としては、ギャンブルにはまっていてお金がなくなってしまったからです。

なくなったといっても生活費が全くないというほどなくなったわけではありませんでした。

お金を借りてそのお金で、またパチンコやスロットを打っていました。

そのときは、軽い気持ちで借りていて、勝ったらすぐに返せばよいと思っていました。

借りた金額は、10万円でした。

そのときの自分は、10万円程度ならすぐになんとかなると思っていました。

返済について

ローンで借りたお金は、結局すぐになくなってしまいました。

返せなくなり、やっとバイトでためる気になって働くようになりました。

返す気になっても。すぐにお金が溜まるわけもなく、借りたお金の半分程度は自分で用意し、半分は親に借りました。

親には、ローンの返済でお金が必要なのではなく、大学の研究でお金が掛かると嘘をついてお金を貸してもらいました。

親にお金を借りたときに、やっと罪悪感が出てきました。

ローンをしたことで学んだことについて

ローン自体は、借りたときの返済プランどおりに返すことができたので大きな問題は起きませんでした。

しかしローンを組んだことを後悔はしました。

ローンを組むこと自体は、人それぞれに事情があるので特に気にするようなことではないと思います。

後悔した点は、自分のお金に対する考え方の甘さでした。

大学も親のお金で行かせてもらっているのにも関わらず、勝手に借金を作ってそれを肩代わりしてもらう結果になりました。

肩代わりしてもらったことは、親に隠していますが、自分が情けなくなりどうしてもお金が必要になる状況にならなければ借金は作らないと決めました。

ローンを組む気になれば、学生でも簡単にお金を借りることができます。

これが癖になってしまうと怖いと思いました。

金を借りて、再びお金を借りることで返済を行っていくと借金も徐々に膨れんでいってしまいます。

そうならないためにもしっかりとした返済プランを組んで、お金を再び借りることなく返済していく必要があると実感しました。

カードローンに利便性について

ローンのカードを持っていれば、コンビニなどで簡単にキャッシングを行うことができます。

簡単にお金を借りることができて利便性は非常に高いと思います。

しかし借りる前に借金をするほどおかねが必要かよく考えてから、キャッシングを行うことをおススメします。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ