パチンコにはまり気付けば100万円の借金

30代、男性、千葉県在住。

・仕事のストレスからパチンコにはまる。

100万円以上もの債務を作ってしまった原因、それはパチンコでした。

パチンコにのめり込んだ原因ですが、仕事のストレスや親の介護のストレスが溜まってしまい、趣味もなく、交流も苦手ですのでストレスのやり場が無く、巷で楽しいと言われているパチンコで遊べないかと遊んでみたところ、はまってしまったのです。

最初は一日千円までで遊ぼう、と決めていたのですがパチンコとは中毒になってしまう遊興、自制心が無くなまじ貯金のあった私は貯金を費やし、貯金が無くなっても危機感を感じずに昼食代を削りパチンコ台に費やしました。

貯金を使い果たす事は、普通の社会人からすると危険な行為ですが、パチンコにはまっていた私はパチンコが現実逃避を手伝ってくれ、特に大事だと思いませんでした。

・パチンコ施設の近くにある自動契約機に誘われ。

ある日、もっと打ちたい、次こそは出るはずだ、と躍起になりお金をパチンコに費やし、結局所持金全てをすってしまった帰り、消費者金融の自動契約機が目につきました。

無いなら借り入れればいいのだ、と短絡的に考え、私は自動契約機で借金契約。

まずは5万円だけを借り入れました。

パチンコにかかれば5万円を10万円に増やすことだってできるのですから、とても気軽に借り入れができました。

5万円を持って再びパチンコにチャレンジ。

その5万円すらもすってしまい、当たるまで打つぞ、といった精神で私は借金を重ねていったのです。

・気付けば100万円以上の借金。

パチンコで遊び続け、借金が癖となり昼食代すらもカードローンで用意する始末。

借金がまるで銀行預金かのように感じられていたのです。

既に借り入れできるお金は借り入れしておかなければ損、といった意識までにきていました。

現在は食べる物にも不便するくらい、借金のために逼迫しています。

債務整理をするには少額な金額、他人に借金について相談をすると、借り入れできるだけ借り入れて自己破産を行なえば、なんて勧められ、時折真に受けてしまいます。

借金をしなければ何でも好きな物が食べられていましたし、電気代や水道代にケチケチせずに済んでいたのでしょう。

今の方向としては、節約をして働いて借金完済を行えれば、と考えています。

元凶であるパチンコ依存症ですが、なんとか抑えて借金完済を目指しています。

金利を計算する度に、こんなにお金を無駄にしているのだ、と実感しては溜息をついています。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ